ドクター紹介

ドクター紹介

理事長:高山哲朗

経歴

理事長:高山哲朗
出身大学 慶應義塾大学 平成14年(2002年)卒業
専門分野 内科、消化器内科、緩和医療、産業医学
職歴等 慶應義塾大学病院
東京歯科大学市川総合病院
北里研究所病院
埼玉社会保険病院
わたクリニック副院長
資格 医学博士
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本医師会認定産業医
日本内科学会総合内科専門医
緩和ケア研修会修了者
その他の活動 東海大学医学部客員准教授
NPO法人PDN(Patient Doctors Network)理事
PEG・在宅医療学会データ委員
予測医学研究所所長 http://www.yosokuiken.com/
葛飾区 内視鏡検査読影世話人

業績など

講演実績

セミナー
  • 第15回VEセミナー ランチョンセミナー これからの介護が変わる!
  • 第61回東信医学会 これからの我々の医療 医療介護支援ロボット・人工知能の介入
  • 多摩胃ろう・摂食嚥下ネットワーク市民公開講座
研究機関
  • 東海大学医学部付属八王子病院 予測を用いた研究について
企業
  • メンタルヘルスについて
  • 健康診断について
  • 喫煙のリスクについて
  • 熱中症対策
  • 食中毒対策
  • インフルエンザについて
  • メタボリックシンドロームについて
  • 胃がんについて
  • 大腸がんについて
  • 肺がんについて
  • 糖尿病について
  • 高血圧について
  • 50歳からの健康管理について

学会報告

  • 2018年9月 第5回いのちを考える市民講座に出席
  • 2018年9月 PEG・在宅医療学会データ委員会(福岡) 出席
  • 2018年5月 第138回 葛飾区薬剤師会夜間講座 講演
  • 2018年5月 第91回 日本産業衛生学会(熊本) 講演
  • 2018年4月 早期胃がん研究会4月度例会
  • 2018年4月 第104回 日本消化器病学会総会
  • 2017年11月 第27回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2017) 計算知能の理論と応用セッション
  • 2017年10月 多摩胃ろう・摂食嚥下ネットワーク市民公開講座 講演
  • 2017年4月 第114回 日本内科学会総会 テレノイドについて、自動排泄処理装置ダイアレットについて
  • 2016年11月 第25回 日本消化器関連学会週間 腸内細菌叢について
  • 2016年6月 第27回 日本在宅医療学会学術集会 自動排泄処理装置による患者及び介護者のQOLへの影響
  • 2016年4月 第113回 日本内科学会総会
  • 2015年5月 第88回 日本産業衛生学会 定期健診データを用いたメタボリックシンドローム発症予測ツールの開発とその活用
  • 2015年9月 第20回 PEG・在宅医療研究会学術集会 シンポジウム
  • 2015年10月 第23回 日本消化器関連学会週間

論文報告

Clinical Research
  1. 高山哲朗、鈴木裕 全国多施設共同研究データに基づく経皮内視鏡的胃瘻造設術施行後の生命予後予測ツールの開発 PEG・在宅医療研究会会誌2016; Sep 1; 20(1): 41-46.
  2. Takayama T, Okamoto S, Hisamatsu T, Naganuma M, Matsuoka K, Mizuno S, Bessho R, Hibi T, Kanai T. Computer-aided prediction of long-term prognosis of patients with ulcerative colitis after cytoapheresis therapy. PLoS One. 2015; 10(6):e0131197.
  3. Yoneno K, Hisamatsu T, Matsuoka K, Okamoto S, Takayama T, Ichikawa R, Sujino T, Miyoshi J, Takabayashi K, Mikami Y, Mizuno S, Wada Y, Yajima T, Naganuma M, Inoue N, Iwao Y, Ogata H, Hasegawa H, Kitagawa Y, Hibi T, Kanai T. Risk and Management of Intra-Abdominal Abscess in Crohn’s Disease Treated with Infliximab. Digestion. 2014 May 1;89(3):201-208.
  4. Takayama T, Kanai T, Matsuoka K, Okamoto S, Sujino T, Mikami Y, Hisamatsu T, Yajima T, Iwao Y, Ogata H, Hibi T. Long-term prognosis of patients with ulcerative colitis treated with cytapheresis therapy. J Crohns Colitis 2013; 7: e49-54.
  5. Takayama T, Ebinuma H, Tada T, Yamagishi Y Wakabayashi K, Ojiro K, Kanai T, Saito H, Hibi T; Keio Association for the Study of Liver Diseases. Prediction of pegylated interferon alpha-2b plus ribavirin combination therapy in patients with chronic hepatitis C infection. PLoS One. 2011; 6:e27223.
  6. Hirose H*, Takayama T*,Hozawa S, Hibi T, Saito I. Prediction of metabolic syndrome using artificial neural network system based on clinical data including insulin resistance index and serum adiponectin. Comput Biol Med. 2011; 41: 1051-6. *: equal contribution
  7. Bessho R, Kanai T, Hosoe N, Kobayashi T, Takayama T, Inoue N, Mukai M, Ogata H, Hib T. Correlation between endocytoscopy and conventional histopathology in microstructural features of ulcerative colitis. J Gastroenterol. 2011; 46: 1197-202.
  8. Ebinuma H, Saito H, Komuta M, Ojiro K, Wakabayashi K, Usui S, Chu PS, Umeda R, Ishibashi Y, Takayama T, Kikuchi M, Nakamoto N, Yamagishi Y, Kanai T, Ohkuma K, Sakamoto M, Hibi T. Evaluation of liver fibrosis by transient elastography using acoustic radiation force impulse: comparison with Fibroscan. J Gastroenterol. 2011; 46: 1238-48.
  9. Kobayashi T, Naganuma M, Okamoto S, Hisamatsu T, Inoue N, Ichikawa H, Takayama T, Saito R, Sujino T, Ogata H, Iwao Y, Hibi T. Rapid endoscopic improvement is important for 1-year avoidance of colectomy but not for the long-term prognosis in cyclosporine A treatment for ulcerative colitis. J Gastroenterol. 2010; 45: 1129-37.
  10. Hosoe N, Kobayashi T, Kanai T, Bessho R, Takayama T, Inoue N, Imaeda H, Iwao Y, Kobayashi S, Mukai M, Ogata H, Hibi T. In vivo visualization of trophozoites in patients with amoebic colitis by using a newly developed endocytoscope. Gastrointest Endosc. 2010; 72: 643-6.
  11. Takayama T, Takayama K, Inoue N, Funakoshi S, Serizawa H, Watanabe N, Kumagai N, Tsuchimoto K, Hibi T. Prediction of survival and complications after percutaneous endoscopic gastrostomy in an individual by using clinical factors with an artificial neural network system. Eur J Gastroenterol Hepatol. 2009; 21: 1279-85.
Basic Research
  1. Ichikawa R, Takayama T, et al. Bile acids induce monocyte differentiation toward interleukin-12 hypo-producing dendritic cells via a TGR5-dependent pathway. Immunology. 2012 136(2):153-62.
  2. Takayama T, et al Imbalance of NKp44(+)NKp46(-) and NKp44(-)NKp46(+) natural killer cells in the intestinal mucosa of patients with Crohn’s disease. Gastroenterology. 2010 Sep;139(3):882-92, 892.e1-3.
  3. Takada Y, Hisamatsu T, Kamada N, Kitazume MT, Honda H, Oshima Y, Saito R, Takayama T, Kobayashi T, Chinen H, Mikami Y, Kanai T, Okamoto S, Hibi T. Monocyte chemoattractant protein-1 contributes to gut homeostasis and intestinal inflammation by composition of IL-10-producing regulatory macrophage subset. J Immunol. 2010 Mar 1;184(5):2671-6.
  4. Kamada N, Hisamatsu T, Honda H, Kobayashi T, Chinen H, Takayama T, Kitazume MT, Okamot S, Koganei K, Sugita A, Kanai T, Hibi T. TL1A produced by lamina propria macrophages induces Th1 and Th17 immune responses in cooperation with IL-23 in patients with Crohn’s disease. Inflamm Bowel Dis. 2010 Apr;16(4):568-75.
  5. Kamada N, Hisamatsu T, Honda H, Kobayashi T, Chinen H, Kitazume MT, Takayama T, Okamoto S, Koganei K, Sugita A, Kanai T, Hibi T. Human CD14+ macrophages in intestinal lamina propria exhibit potent antigen-presenting ability. J Immunol. 2009 Aug 1;183(3):1724-31.
  6. Fukao T, Yamada T, Tanabe M, Terauchi Y, Ota T, Takayama T, Asano T, Takeuchi T, Kadowaki T, Hata Ji J, Koyasu S. Selective loss of gastrointestinal mast cells and impaired immunity in PI3K-deficient mice. Nat Immunol. 2002 Mar;3(3):295-304.

特許関連

  1. 潰瘍性大腸炎の診断及び/又は予後予測のためのマッピング方法 特許第6603136号
  2. CAPを施行した潰瘍性大腸炎患者の予後予測方法 特許第5484309号
  3. PEG施行患者の予後の予測装置、及びPEG施行患者の予後の予測プログラム 特許第5280735号
  4. 生活習慣病の診断予測装置、生活習慣病の診断予測方法及びプログラム 特開2012-064087
  5. ニューラルネットワークシステム、ニューラルネットワークシステムの構築方法およびニューラルネットワークシステムの制御プログラム 特開2012-018450
  6. 膵嚢胞性疾患診断装置 特開2010-200881

主な受賞歴

  1. 2006年 COE-RA member
  2. 2007年 COE-RA member
  3. 2009年 COE-RA member
  4. 平成21年度 医学研究奨励賞
  5. 平成21年度 内科学会奨励賞
  6. 平成22年度 科学研究費若手研究
  7. 平成22年度 全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究会 研究助成
  8. 平成23年度 科学研究費若手研究
  9. 平成23年 日本消化器内視鏡学会埼玉部会第37回学術講演会ポスター最優秀賞
  10. 平成26年度 上原記念生命科学財団 研究奨励金
  11. 平成27年度 日本医師会医学研究奨励賞
  12. 第17回 永尾武難病研究基金受賞

副院長:佐川 森彦

経歴

理事長:高山哲朗
出身大学 慶應義塾大学 平成14年(2002年)卒業
専門分野 内科、血液内科、在宅医療、緩和医療、産業医
職歴等 慶應義塾大学医学部 血液・感染・リウマチ内科
     埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 助教
     埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 講師
     Dana-Farber Cancer Institute, Department of Medical Oncology Research Fellow(アメリカ留学)
     埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 講師
     医療法人社団平郁会 日本橋かきがら町クリニック 在宅診療部
     埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 客員講師
資格 医学博士
日本内科学会認定内科医
日本血液学会血液専門医・血液指導医
日本医師会認定産業医
日本内科学会総合内科専門医

医師:増澤 啓太

経歴

医師:増澤 啓太
出身大学 慶應義塾大学 平成23年(2011年)卒業
専門分野 呼吸器内科
資格 日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会呼吸器専門医

医師:須河 恭敬

経歴

医師:須河恭敬
出身大学 札幌医科大学 平成16年(2004年)卒業
専門分野 消化器内科
がん薬物療法
職歴等 東京医療センター 臨床腫瘍科 科長
資格 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本内科学会総合内科専門医

医師:水嶋 しのぶ

経歴

医師:水嶋 しのぶ
出身大学 獨協医科大学 平成10年(1998年)卒業
専門分野 緩和医療(緩和ケア、グリーフケア、スピリチュアルケア)
ペインクリニック
漢方
職歴等 順天堂大学医学部附属順天堂医院
資格 日本麻酔科学会 麻酔科認定医
日本緩和医療学会 認定医・研修指導者
緩和ケア研修会修了者
日本スピリチュアルケア学会 スピリチュアルケア師(認定・専門)
上智大学グリーフケア研究所 臨床傾聴士

医師:柚木 真(ゆのき まこと)


出身大学 東京大学医学部 平成26年(2014年)卒業
専門分野 呼吸器内科
所属 日本内科学会

医師:吉松 裕介


出身大学 慶應義塾大学 平成23年(2011年)卒業
専門分野 消化器内科
ページトップへ